「あしたうちにねこがくるの」と人間と猫との体格差について

回転中ふうこ

ひょんなきっかけから
あしたうちにねこがくるの
あしたうちにねこがくるの


この本のことを知った訳です。

でもね。

ねこは人間の子供があまり好みではなかったりします。

子供にもよるんでしょうがね・・・。

この情報、ソースはここです。

どういうことかというと、
人間と猫との体格差に問題があるのです。

つまり、猫にとって人間はデカ過ぎるという・・・。

小さな子だって体重は10kg超えるでしょ?
3歳児の平均は14kgなんだって?

猫の3倍はあるわけだ。そんなのが大声を上げて駆け寄って来たら・・・。
あぶなっかしく抱き上げられたりしたら・・・。
頭がグラグラするほど撫でられたりしたら・・・。

わが身に置き換えると簡単に理解出来ますね。
猫は体格差ゆえに人間を脅威に思っている訳です。
そう考えると、どう接したらいいか、おのずと判ってきますよね。

躾の為に猫を打つ飼い主の話を聞いた事がありますが、
私には全く理解不能でした。
小さい頃、私の親も怒りながら私を躾けようとしたことがありましたが
おっかなくて親が何を教えようとしているのか、
理解する余裕なんてありませんでした。

まして体格差のある人間に打たれたら、
猫のダメージはかなり大きい筈です。

40kgの軽量級の選手が120kgの重量級の選手に殴られるようなものでしょうか・・・。

優しくしてあげて下さいね!

コメントを投稿

コメントは承認を経た上で表示されます。表示されるまでしばらくお待ち下さい。